白髪染めシャンプーのメリット・デメリット

白髪染めシャンプーのメリットとデメリット

人気の高まってきた白髪染めシャンプーですが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

今まで、市販の染毛剤を使われてきた方や初めて白髪染めをしようと思っている方には気になるところだと思います。

白髪染めシャンプーのメリットは、

1、 髪や地肌など、体への影響が少ないものが多い。敏感肌やアトピー肌の方には最適。

2、 入浴時に使えるので、面倒な準備や用意がいらない。

3、 一回あたりにかかるコストが安い。

などです。 次から詳しくみてみましょう。

メリット1 髪や地肌など、体への影響が少ないものが多い

白髪染めシャンプーは髪や地肌にやさしい、天然素材の材料を使っているものがほとんどです。

従来のヘアカラーのような科学的な薬品は使っていませんから、髪や地肌を傷めることがありません。

例えば、「利尻利尻ヘアカラートリートメント」は昆布、クチナシ、ウコンなどの自然の天然素材を使っています。

「レフィーネ」や「ピュアハーバル」も「クチナシ」「アナトー」「ウコン」などの色素からつくられています。

従来のヘアカラーに使われていた酸化染料と酸化剤、ノニルフェニル系やベンジルアルコールなどの有機溶剤などを使っていないので、体や環境にやさしい白髪染めとなっています。

このため、今までのヘアカラーで髪が傷んだり、地肌がピリピリすることもありませんので、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して使用できるのです。

メリット2 入浴時に使えるので、面倒な準備や用意がいらない。

今までの白髪染めはけっこう準備も大変だったんじゃないですか?

床に新聞紙を引いたり、専用のエプロンや手袋、コームも用意しないといけないですし、何より家族に見られるのがイヤという女性も多いんです。

白髪染めシャンプーなら入浴時に髪を洗うのと同じ感覚で染めることができます。

入浴時やシャワーを浴びるの前、バスタブに浸かりながらじっくり浸透させるだけですから、簡単手間要らずです。

簡単なのでいつでも染められる手軽さがユーザーにうけています。

メリット3 白髪染め一回のコストが安い

白髪染めを美容院ですると、一回数千円は簡単にとんでいってしまいます。

白髪染めは一回染めれば終わりではありませんから、週一回、月一回と何回も染めに行かないといけませんし、その時間ももったいないものです。

白髪染めシャンプーの3つ目のメリットは一回あたりのコストが安いということです。

例えば、利尻ヘアカラートリートメントの一回あたりのコストは、約200円。

何回も美容院に行くことを考えれば、かなり経済的。面倒な手間も省けます。

知っておきたい、白髪染めシャンプーのデメリット

手間要らずで経済的、簡単に染められて髪や地肌に負担もかけない、白髪染めシャンプーですが、デメリットもあります。

染め上がりが少し遅いというのが良く聞くデメリットです。

すぐにしっかり色をつけるのは簡単です。強い薬品のヘアカラーを使えばいいのです。

しかし、前述のとおり白髪染めシャンプーは多くのばあい天然素材のやさしい成分が主に使われています。

このため、人にもよりますが「一回で満足いく色にならなかった」という声もあります。

体や環境にやさしい天然素材の成分を使っているためのデメリットですが、これも3回4回と繰り返し使っていくことでしっかり染め上がります。

少しだけ根気よく使ってもらうことがポイントになります。

髪と頭皮が傷まない40代の白髪染め3つのポイントメニュー